Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c1298761/public_html/cocoal.jp/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
ドラマCODE最終回|Hulu一年後ネタバレエピソード10.5|二宮の生死は? – cocoal media

ドラマCODE最終回|Hulu一年後ネタバレエピソード10.5|二宮の生死は?

ドラマCODE最終回Huluエピソード10.5ネタバレ|二宮の生死は?
スポンサーリンク

※本ページはプロモーションが含まれています

日本テレビ系日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』(毎週日曜 後10:30)の最終回が9月3日に放送されましたが、その結末には視聴者は不満爆発!

>>ドラマCODE最終回がひどい怖いつまらないの声噴出|感想まとめ

この記事はドラマ「CODE―願いの代償―」、Huluオリジナルコンテンツ「エピソード10.5」のネタバレを含みますのでご注意ください。

何といっても、平和に終わったかと思いきや、CODEが復活してプレーヤーと思われる人間に二宮が撃たれて倒れ込むというバットエンド。

筆者も思わず「コワッッッ!!!」と声が出てしまいましたが、二宮が死んだかどうかは作中明らかにされていません。

日テレ恒例「続きはHuluで」で事件から1年後の様子が描かれています。

本編ドラマ内で完結しろよ!とは思いつつ、Huluは加入済みだったので確認してみました。

この記事では、

Huluオリジナルコンテンツ
『CODE―願いの代償―』Episode 10.5「CODEの真相 そのとき私たちは…」について、

  • エピソード10.5はどんな内容だったのかネタバレ
  • 二宮の生死は?エピソード10.5で二宮は出てくる?

などを中心にして、まとめていきたいと思います。

▼【楽天スーパーセール】人気のCICA公式ショップが42%OFF


▼中国の輸入停止、ふるさと納税改悪で寄附額引き上げ→堅持で国内消費拡大へ向けて頑張っている北海道別海町


ドラマCODE最終回Huluエピソード10.5ネタバレ|ほとんど総集編

Huluオリジナルコンテンツ
『CODE―願いの代償―』Episode 10.5「CODEの真相 そのとき私たちは…」ですが、

新事実は出てこず、ほとんど10話の総集編です。

>>Huluで見る『CODE―願いの代償―』Episode 10.5「CODEの真相 そのとき私たちは…」

出典:Hulu

『CODE―願いの代償―』Episode 10.5「CODEの真相 そのとき私たちは…」ネタバレ

~本編の二宮墓参りから襲撃までが流れる~


・咲の定期健診の待ち時間の暇つぶしで、どこかの屋上らしき場所で将棋を差している椎名と咲。
椎名が書いているCODEの原稿の話になり、過去回想に突入。


【回想シーン】

・椎名と咲の出会いからCODEを巡る一連の事件を振り返る
・1番最初に接触したコードプレーヤー「工藤泉」とのエピソード
・取材と称して椎名が工藤泉と接触したシーン



・現在の屋上に戻り「CODEって何だったんだろう」と咲
・「俺は、自分が守りたいものは自分の手で守るって決めた」と呟く椎名

・「二宮だったらこの答え分かるのかなぁ」と咲が笑顔で問いかける
・「“どんなに難しくても俺は諦めない”ってあの人なら言うんだろうな」と答える椎名に、同意する咲

・椎名のスマホに着信が入る

・椎名が電話に出て「今ちょうど咲と話してたんですけど、CODEって…」


新規映像終わり

~本編10話のダイジェスト~

スポンサーリンク

ドラマCODE最終回Huluエピソード10.5ネタバレ|二宮の生死は依然不明

椎名の電話にかけてきた相手が二宮だと思わせるような描写はありましたが、

Huluでも二宮生死についての直接的な表現説明はありませんでした

しかも、全16分の映像の尺で間に差し込まれる椎名と咲の新規映像は5分もないですし、「工藤泉」とのエピソードも、今入れる必要あったんかしら?と思われるほど、特に新規の情報がありませんでした。

ほぼ、総集編といった感じですね。

唯一の、新しい情報としては、椎名の「咲を守る」という決意がしっかり描かれたところでしょうか。

全てを奪われた二宮と比べたら、三宅という大切な先輩は失ったものの、その三宅に託された咲を守っていく人生を選択できた椎名は、幸せな部類のコードプレイヤーですね。

新しく復活したコードの粛清対象とならないと良いですが…。

ちなみに、気になる二宮(坂口健太郎)の生死ですが、今作プロデューサー中間利彦さんは以下の投稿をしています。

▼「CODE~願いの代償~」プロデューサー中間利彦さんの投稿

「生きているか死んでいるかは、視聴者の想像に任せる」ということみたいですね。

スポンサーリンク

>>「ニュース」記事一覧

>>「テレビ」記事一覧

スポンサーリンク

>>「ニュース」記事一覧

>>「映画」記事一覧

>>「テレビ」記事一覧

Amazonタイムセール

耳を塞がない新発想ワイヤレスイヤホンが75%オフ

<最新記事>

スポンサーリンク

▼ジブリ最新作「君たちはどう生きるか」について

スポンサーリンク
Loading...
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA