音源有【演出家SEIGO】乃木坂46早川聖来からパワハラ暴露 内容と経緯【怒られるキレる】

演出家SEIGO 早川聖来
スポンサーリンク

演出家のSEIGOさんが、日常的にしていたパワハラ発言を乃木坂46の早川聖来から暴露されました。

乃木坂46の早川聖来さんが、自身が出演するラジオ番組、

2023年5月21日 NHKラジオ第一「らじらーサンデー」生放送で発言した内容が物議を醸しています。

演出家SEIGOさんは、どんな発言をしていたのでしょうか

  • 乃木坂46の早川聖来さんが暴露した演出家SEIGOさんのパワハラ発言の内容
  • 他にも演出家SEIGOに怒鳴られていた元メンバーがいた!?

など、調べてみました。

スポンサーリンク

【演出家SEIGO】乃木坂46早川聖来からパワハラ暴露の内容

演出家SEIGOさんのパワハラを乃木坂46の早川聖来さんが暴露したのは、

2023年5月21日に出演したNHKラジオ「らじらーサンデー」の中での会話。

齋藤飛鳥の卒業ライブの話の中で、

「演出家のSEIGOさんが超ドSなんですけど…」

と話し始め、

  • 「死ね」「ブス」「お前ひとりいなくても良い」と日常的に良く言われている
  • 自分は関西人だから流している。多分みんなを心配しているのだとは思う
  • 掛橋沙耶香の事故の件も、「お前らのせいだ」「自業自得だ」と言われた
  • そういう環境下で、ライブで転落することに恐怖を感じていた
  • その中で最後まで逃げなかった斎藤飛鳥はカッコイイと思った
  • 齋藤飛鳥の姿を見て自分ももっと強くなりたいと思った

と、演出家SEIGOさんから言われた発言を暴露しました。

▼実際のラジオ音声はこちらで聴くことができます。

この言葉を本当に演出家SEIGO氏が発言していたとしたら、

「厳しい指導」ではなくて「暴言」「侮辱」「誹謗中傷」になるので、問題になるレベルだと思います。

事故で大変な怪我をして休業しているメンバーを引き合いに出して「自業自得」は人として許されないと個人的には感じます。

演出家のSEIGOさんは、日頃から厳しい指導で知られていて「少しの失敗でも怒られる・ガチギレされる」というのは、有名な話だったようです。

秋元康氏より抜擢されてHKT48のライブ演出を担当したことで、指原莉乃さんは演出SEIGOさんとタッグを組んで共同でライブ演出を担当していました。

指原さんの演出の才能をSEIGOさんが惚れ込んでおり、共同作業の中で信頼関係を築いたようで、

「SEIGOさんのメンバーに対しての厳しい指導」を指原さんはラジオやインタビューでも話していました。

他のメンバーも「演出家に怒られる」などの発言があったようで、ファンの間でもSEIGOさんを快く思ってない方々は多くいたようです。

スポンサーリンク

また、この発言をした後、CM明けでは少し声が震えていて「泣いたのではないか」と心配する声も上がっています。

マネージャーさんやスタッフさんなどの関係者に、発言を咎められたのかもしれません。

実名を出しての暴露は、それだけ周囲に衝撃が大きかったのだと考えられます。

もしかしたら早川聖来さんの発言には深い意味がなく、演出家SEIGOさんから日常言われていること引き合いにだしただけという可能性もありますが、

生放送という検閲が効かない場で、実名で暴露したことには「相当の覚悟と意志があったのではないか」と推察する声は多いです。

また、実名こそ出さなかったにせよ、これまでも「演出家SEIGO」さんの厳しすぎる指導について言及していたメンバーも沢山いました。

スポンサーリンク

乃木坂46元メンバー大園桃子も演出家SEIGOに怒られた!?

乃木坂46の元メンバーであり、現在は経営者・YouTuberの大園桃子さんも、

過去に「演出家に怒られてしまう」旨の発言をしています。

2021年7月のラジオ番組「らじらー」にてライブ演出についての話題、

  • 「電動バイクでステージを走り回って欲しい」というリスナーからのメール
  • 「ゴメンナサイできません」と大園桃子が断る
  • 「勝手にやったら演出の方に怒られて落ち込んでしまう」と補足。

▼実際のラジオ音声はこちらで聴けます。

この件は、特に何も知らないフラットな立場で聞くと「そりゃそうだよね。」で終わってしまいそうですが、

「こういう演出やってください!」というリクエストに対して、

「面白そうですね!無理だと思うけど今度交渉してみます(笑)」
「サプライズでやっちゃおうかな~♪」のように冗談で返すことをせず、

「演出家に怒られるから絶対にできない」

と、恐怖の存在である演出家への畏怖から、話題自体をバッサリ切り捨てているようにも捉えることができます。

それだけアイドルにとってライブは聖域で「そんな勝手なことは許されない」という意識からかもしれませんが、

大園桃子さんは、良くも悪くも素直で天真爛漫な性格という印象を持っているので、もっと自由な返しが来てもよさそうなのにな…と思いました。(勝手な個人的感想ですが)

また、情報ソースは確認できませんでしたが、この暴露を受けてファンからは、

『他のメンバーが「桃子ちゃんが演出家から怒鳴られていた」という話をしていたことがあったから、その演出家もSEIGO?』

『大園桃子の引退理由、SEIGO関係しているんじゃね?』という憶測も上がっています。

大園桃子さんは2021年9月4日にグループ卒業、そして芸能界を引退していますが、

引退に演出家SEIGOさんの存在が関わったかどうかは分かりません。

スポンサーリンク

【演出家SEIGO】乃木坂46早川聖来からパワハラ暴露に関しての世間の声

ここからは、本件に関する世間の声をみていきましょう。

スポンサーリンク

【演出家SEIGO】乃木坂46早川聖来からパワハラ暴露される!経緯を調査 あとがき

演出家SEIGOさんの話を聞いてみないと、実際のところは分かりませんが、もし事実であったら改善して欲しいですよね。

早川聖来さんにも干されたりすることなく、今まで通りに活動できることを祈りたいです。

「厳しい演出家」として真っ先に思い浮かべるのは「蜷川幸雄」さん。

藤原竜也を見出した「身毒丸」の稽古中には、「上手く出来ないと灰皿が飛んできた」というのは有名な話。

蜷川幸雄さんの厳しい指導を、藤原竜也さんが面白おかしく話していたのが印象的でした。

当時の時代背景や、藤原竜也さんと蜷川幸雄さんとの信頼関係があったから許されたものの、今の時代では完全にアウトですよね。

人々の意識の変化とSNSの普及で、「権力者は何をやっても許される」「外に知られることはない」という暗黙の了解がまかり通っていた時代は終わりつつあると言えます。

厳しい現場でないと生まれないものもあるかもしれませんが、他者を「侮辱」「誹謗中傷」しなくては生まれないクリエイティブなんて、それがどれだけ素晴らしい物であっても評価しがたいと個人的には感じています。

各方面での旧時代的なやり方が、一掃されていくことを願っています。

>>「ニュース」記事一覧

>>「映画」記事一覧

>>「テレビ」記事一覧

>>「漫画」記事一覧

>>喜熨斗延子(市川猿之助 母親)の顔画像/家系図年齢 義兄猿翁から梨園の妻へ激励も 表に出ず澤瀉屋支えた

>>【市川猿之助】無理心中なら殺人罪?一家心中で生き残ったら?刑罰/罪名(懲役)などを調査

>>【市川猿之助】両親死因判明も「大量摂取は何錠?なぜ?」疑問の声 過去事例論文から謎調査

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA