妊娠後期から生後3ヶ月ぐらいで作る
cocoal(ココアル)のフォトブック。

お父さんとお母さんしか知らない、お子さまが生まれる前や生まれて間もない頃の日々をフォトブックに残してはいかがでしょう?
撮影の準備があれば、いろいろな思い出を余すこと無くまとめることができます。

妊娠期

妊娠期 写真

妊娠後期は、母となる女性の神秘的な美しさが光る頃です。大きなおなかの写真を見せながら、ここにあなたがいたのよ?と、少し大きくなったお子さまに見せてあげるのも幸せですね。

cocoalならハードカバーのしっかり製本だから、大事に残せる!

赤ちゃんが生まれるまで

赤ちゃんが生まれるまで

産院での検診風景や、新調したグッズもフォトブック(フォトアルバム)にまとめれば、生まれるまでのいろんな出来事を思い出すきっかけになるでしょう。

誕生の日

baby_pic02

“人生で最も感動した一日”をより色濃く残すために、赤ちゃんの写真はもちろん、お母さんやお父さん、とりあげてくれた助産師さんや産婦人科の先生、産院から見えた景色やその日のお天気まで、その日に関わったより多くの情報を残すことで、記憶を鮮明に残せます。

生まれてすぐの頃

baby_pic03

生まれてすぐの写真は気付けばすごい量になっているはず。そこで、写真をいっぱいちりばめたページを作ってみるのもいいでしょう。

他にも、誕生を喜んでくださった方々の写真を加えるのも素敵です。その笑顔は、大きくなったお子さまに愛情となって伝わります。 赤ちゃんは日に日に大きくなっていきます。特に10日目ぐらいまでの生まれたての赤ちゃんの顔は毎日変わります。こまめに写真を撮るようにしましょう。

cocoalなら1見開きに最大18枚の写真をレイアウトできます。

1ヶ月すぎた頃

baby_pic04

日々成長の早い赤ちゃんがベビーバスを使うのは、ほんのわずかな期間なので、ベビーバスに入った赤ちゃんはしっかりおさえておきましょう。

この時、こんなことが気持ちよさそうだったとか、こうしたら泣いたとか、出来事をテキストで残しておくと思い出深く振り返れます。

cocoalならフォトブック上で自由にテキストを配置できます。

3ヶ月頃

baby_pic05

3ヶ月頃になると表情もぐっと出てくる頃です。泣いたり笑ったり寝ていたり、いろんな表情を切り取ってフォトブック(フォトアルバム)にいれてみましょう。またこの頃の好きなおもちゃや季節を映す洋服も意識して載せると、フォトブック(フォトアルバム)に彩りが出ます。

「気持ちを伝える」フォトブックのすすめ
お子さまの成長記録で作るフォトブックは主に「残すこと」が目的ですが、一歩進めて「気持ちを伝える」というコンセプトでフォトブックを作るのもオススメです。
・お子さまに愛情を伝える
・お子さまの成長を通じて気づいた感謝の気持ちを、ご両親やご家族、ご親族に伝える
など、フォトブックを作ることで、お子さまとの感動的な奇跡について、いろいろな角度から楽しんでみてください。

cocoal [ココアル]は、印刷するまで料金は掛かりません。
写真をアップロードして、納得のいくまで何度でも、ブラウザで試せます。

フォトブックを作る

■ 実際にcocoalで作成されたお客さまの作品をご紹介(作品をご覧いただけます)
第5回フォトブックコンテスト結果発表 cocoal×東京カメラガールズ「ひと夏の思い出」フォトブック写真展はこちら
■ 「赤ちゃん0~3ヶ月」で作るcocoalおすすめデザインテーマはこちら
■ 関連リンク

cocoal [ココアル]は、印刷するまで料金は掛かりません。
写真をアップロードして、納得のいくまで何度でも、ブラウザで試せます。

フォトブックを作る