旅行写真をフォトブックにするときの選び方は?

フォトブックに仕上がった時に、1見開き(2ページ)=1エリアで構成されていると思い出を振り返りやすいでしょう。
1見開き(2ページ)=写真2〜3点がきれいに見えますが旅行の思い出をすみずみまでの残すにはうまく撮れていなくても、行った箇所につき1枚は残しておくことです。
また、ワイドな景色は見開きをまたいで見せるとより臨場感があふれます。
訪れた場所では、景色や人物の写真だけではなく、訪れた場所がわかる看板や標識、食事をした店、食べ物などの写真を撮影しておくと、アクセントになります。

写真枚数は、20ページのフォトブックを作る場合、9見開き分で18枚以上は選びましょう。

よくあるお問い合わせ

FAQ

注文について
支払い・送料について
商品のお届けについて
登録内容の変更について
フォトブックの作り方
ページトップ